2014年2月19日水曜日

ブラック企業

先日、お会いした際に五十嵐泰正先生からいただいた、今野 晴貴, 坂倉 昇平「ブラック企業VSモンスター消費者」(ポプラ新書)を拝読しました。五十嵐先生も5章の鼎談で参加されています。ブラック企業本はたくさん出ていますが、自分自身はこれが初めてでした。

普段、1人の消費者として様々な"サービス”を疑問に思うことはありました。無駄に頑張ってるけど、だれが得しているのかよくわからないサービスとか。そういった意味では、消費者の視点からブラック企業を捉えている今回の本は、1冊目としては良かったかもしれないと勝手に思ってます。5の鼎談はとてもおもしろいです。名古屋の武将がおもてなしするって分けわかんない(笑)とか、要所要所個人的に好きな笑いがありつつ・・・。

滝クリさんの「お・も・て・な・し」によってオリンピック招致の成功に一役買って、言葉が美化されて良いのだろうし、美しい言葉なんだろうけど、便乗して際限なく大手企業にこの言葉を使われるという現状は危険ですね。

誰でも消費者。早速、読んだ自分は明日からの消費生活に影響を受けそうです。


http://www.amazon.co.jp/dp/4591139409/ref=cm_sw_r_tw_dp_Qgmbtb19DJC0F





0 件のコメント:

コメントを投稿