2016年3月23日水曜日

スキー合宿中のんだ酒

前回の合宿に引き続き、今回も中島氏は東京駅の「はせがわ酒店」で日本酒を買ってきてくれました。日本酒は好物なのでホント、ありがたいです。宿泊時、夕食前にしほりはんと三人で味わいました。

好きな銘柄のほとんどが西日本の蔵元のものということもあり、はせがわ酒店が扱っている銘柄で個人的に好きな銘柄は、ぶっちゃけた話あまりないのですが、ことごとく個人的に好きな銘柄を選んでいただいている気がしてホント、ありがたいです。

今回買ってきてくれたのは、栃木の「仙禽」だったんですが(あ、西日本じゃなかった、でもね、)、これは酸強めの個人的に好きなタイプのお酒で何度か買ったことありました。ド変態無濾過生原酒がすきなので、山廃という文字を見つければ、迷わず山廃を買います。ぼくが飲んだことのある仙禽はすべて山廃でした。

ただ、仙禽は好きな「系統」であることには間違いないのですが、山廃に関しては、あまりにも味わいが「暴れん坊将軍」過ぎやしないかい、おまえさん。どうです?と思っていたのです。でも今回、中島氏チョイスのふつうの無濾過生原酒ってのはなんだか妙に落ち着いて、これ食中酒として最高やないかいと思った次第。

しかも、雄町、精米50というハイスペック。おれが普段手を出さないハイスペックです。味あわせていただきます。

今までの話はどうでもいいのですが、この酒、何がすごいって、東京駅出発して中島氏が列車を脱出する際に忘れてきて、金沢までひとり旅をしてしまい、JR金沢駅から着払いで宿泊先のホテル白馬にやってきた、いわくつきの酒。こんな付加価値の付いた酒、飲んだことないかもしれない。感慨深い酒です。

ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿